シアリス20mgれびとら amazon銈裤儉銉┿儠銈c儷 銈搞偋銉嶃儶銉冦偗姣庡勾銇濄倢銈掕秴銇堛仸銇仾銈娿伨銇涖倱

シアリス副作用循環器系疾患、脳血管系疾患は、中高年者が苦しんでいる病気だと誰もが思っていることですが、これらの病気をインポテンツと関連づけると、友達の多くが信じられないことです。なんらかのつながりがあります。現在、心血管疾患が公衆衛生に影響を与える最初の原因になっていますが、クリニックでは、これらの心血管疾患の男性患者の最初の症状は疾患自体とは無関係であり、陰茎の勃起機能の低下として最初に現れることがよくあります。これらの患者のほとんどは、特定の心血管疾患と診断された後、勃起不全になります。対照的に、臨床的には、勃起不全の患者は非常に高い率の心血管疾患を患うことが多い。男性の勃起不全は、多くの場合、彼が冠状動脈性心臓病、高血圧、糖尿病、肥満、頻繁な不活動を持っている可能性があることを示しています。なぜ心血管疾患の患者はしばしば勃起不全を伴うのですか?なぜ勃起不全の患者はしばしば心血管疾患を患うのですか?それらの間の避けられない関係は何ですか?実際、これら2つのタイプの疾患は無関係であるように見えますが、実際それらの間には非常に重要な内部接続があります。外国の研究では、154人の男性患者が選択されました。これらの患者は器質性勃起不全に属します。この研究の目的は、器質性勃起不全のこれらの患者がどのような疾患を持っているかを調べることです。結果は高い血圧の患者は約44%を占め、糖尿病の患者は22%を占め、高脂血症の割合は特に高く、肥満の人々は85%を占めました。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの私たちの一般的な心血管疾患は、最終的には血管内皮細胞の機能に影響を及ぼし、内皮機能障害を引き起こします。血管の内側の層は内皮の層で覆われており、内皮の機能が血管の柔軟性を決定します。患者さんに手術を行ったところ、特に血管内皮機能が良い人、血管壁がすっきりしていて、血管壁が弾力性があり、収縮しやすく、内皮機能が悪いと血管壁が非常に荒れ、壁が非常に厚くなり、いくつかのプラークが現れ、血管壁の収縮機能がよくありません。正常な血管は収縮すると収縮し、拡張すると血管への正常な血液供給を維持するために拡張する必要があります。しかし、血管が常に収縮した状態にある場合、一部の重要な臓器は血液供給を受けず、これは虚血です。心臓に虚血が起こると、心臓は心筋虚血を起こします。重症の場合は、狭心症や心筋梗塞さえ引き起こします。脳血管に虚血が起こると、脳卒中やショックが起こり、腎臓に虚血が起こると、尿が出ます。量が減少し、腎機能が低下し、陰茎に虚血が生じると、EDである勃起不全が起こります。さらに深刻なことに、血管にプラークが形成されると、血管の収縮中にプラークが破裂する可能性があります。大動脈瘤または補助大動脈瘤の形成:動脈瘤の破裂により、突然死することがあります。血液の粘度が高くなると、血管壁に血栓が形成され、血管壁に血栓が付着し、増強後に血管壁がプラーク状になります。そして、血管収縮の過程で血栓が途切れて血液循環に沿って肺に入ると、それは非常に恐ろしい疾患である肺塞栓症を形成し、これは手術で最も恐れられる状況であり、死亡率は非常に高いです。血管の柔軟性の低下は、内皮機能不全の非常に重要な原因です。血管内皮機能障害は、心血管疾患とEDの一般的な原因です。この時点で、これらの2種類の疾患が非常に密接に関連している理由を誰もが理解する必要があります。なぜ男性の勃起不全は心血管疾患よりもずっと早く現れるのですか?実際、それは陰茎の解剖学と生理学に関係があります。陰茎は血管で構成される海綿状組織です。海綿状組織は数え切れないほどの非常に小さな動脈で構成され、最終的に海面洞を形成します。これにより、性的刺激に遭遇したときに陰茎がすぐに充血して直立し、この時点で性交を行うことができます。海綿体の動脈の直径はわずか1〜2 mmです。これらの海綿動脈は、*すべての動脈の中で最も薄く、最も敏感であり、さまざまな刺激後の病理学的変化の影響を最も受けやすくなります。アテローム性動脈硬化症、勃起不全が現れ、ゆっくりと他の組織、例えば冠状動脈、脳血管動脈、および下肢動脈などの疾患も発症し始める可能性があります。他の動脈は比較的太いため、病気になっていますが、深刻な症状が現れて重要な臓器に損傷を与えるまでにはまだ長い道のりがあります。この時点で問題に気づき、適切な介入を行い、ライフスタイルを変え、適切な薬物療法を行うと、この疾患は継続して進行しないか、または遅延する可能性があり、場合によっては逆転することもあります。注意を怠ると、ゆっくりと心臓に問題が発生し、腎臓にも問題が発生し、最終的に周囲の血管に問題が発生します。ですから、男性の友達に伝えたいのは、インポテンツが発生したときに、心血管疾患や脳血管疾患に問題がないかどうか注意する必要があるということです。タイムリーな診察によってのみ、関連する予防作業を行うことができます。

必利勁 – 主營必利勁 タダラフィル 後発品 タダラフィル あすか 循環器系疾患、脳血管系疾患は、中高年者が苦しんでいる病気だと誰もが思っていることですが、これらの病気をインポテンツと関連づけると、友達の多くが信じられないことです。なんらかのつながりがあります。現在、心血管疾患が公衆衛生に影響を与える最初の原因になっていますが、クリニックでは、これらの心血管疾患の男性患者の最初の症状は疾患自体とは無関係であり、陰茎の勃起機能の低下として最初に現れることがよくあります。これらの患者のほとんどは、特定の心血管疾患と診断された後、勃起不全になります。対照的に、臨床的には、勃起不全の患者は非常に高い率の心血管疾患を患うことが多い。男性の勃起不全は、多くの場合、彼が冠状動脈性心臓病、高血圧、糖尿病、肥満、頻繁な不活動を持っている可能性があることを示しています。なぜ心血管疾患の患者はしばしば勃起不全を伴うのですか?なぜ勃起不全の患者はしばしば心血管疾患を患うのですか?それらの間の避けられない関係は何ですか?実際、これら2つのタイプの疾患は無関係であるように見えますが、実際それらの間には非常に重要な内部接続があります。外国の研究では、154人の男性患者が選択されました。これらの患者は器質性勃起不全に属します。この研究の目的は、器質性勃起不全のこれらの患者がどのような疾患を持っているかを調べることです。結果は高い血圧の患者は約44%を占め、糖尿病の患者は22%を占め、高脂血症の割合は特に高く、肥満の人々は85%を占めました。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの私たちの一般的な心血管疾患は、最終的には血管内皮細胞の機能に影響を及ぼし、内皮機能障害を引き起こします。血管の内側の層は内皮の層で覆われており、内皮の機能が血管の柔軟性を決定します。患者さんに手術を行ったところ、特に血管内皮機能が良い人、血管壁がすっきりしていて、血管壁が弾力性があり、収縮しやすく、内皮機能が悪いと血管壁が非常に荒れ、壁が非常に厚くなり、いくつかのプラークが現れ、血管壁の収縮機能がよくありません。正常な血管は収縮すると収縮し、拡張すると血管への正常な血液供給を維持するために拡張する必要があります。しかし、血管が常に収縮した状態にある場合、一部の重要な臓器は血液供給を受けず、これは虚血です。心臓に虚血が起こると、心臓は心筋虚血を起こします。重症の場合は、狭心症や心筋梗塞さえ引き起こします。脳血管に虚血が起こると、脳卒中やショックが起こり、腎臓に虚血が起こると、尿が出ます。量が減少し、腎機能が低下し、陰茎に虚血が生じると、EDである勃起不全が起こります。さらに深刻なことに、血管にプラークが形成されると、血管の収縮中にプラークが破裂する可能性があります。大動脈瘤または補助大動脈瘤の形成:動脈瘤の破裂により、突然死することがあります。血液の粘度が高くなると、血管壁に血栓が形成され、血管壁に血栓が付着し、増強後に血管壁がプラーク状になります。そして、血管収縮の過程で血栓が途切れて血液循環に沿って肺に入ると、それは非常に恐ろしい疾患である肺塞栓症を形成し、これは手術で最も恐れられる状況であり、死亡率は非常に高いです。血管の柔軟性の低下は、内皮機能不全の非常に重要な原因です。血管内皮機能障害は、心血管疾患とEDの一般的な原因です。この時点で、これらの2種類の疾患が非常に密接に関連している理由を誰もが理解する必要があります。なぜ男性の勃起不全は心血管疾患よりもずっと早く現れるのですか?実際、それは陰茎の解剖学と生理学に関係があります。陰茎は血管で構成される海綿状組織です。海綿状組織は数え切れないほどの非常に小さな動脈で構成され、最終的に海面洞を形成します。これにより、性的刺激に遭遇したときに陰茎がすぐに充血して直立し、この時点で性交を行うことができます。海綿体の動脈の直径はわずか1〜2 mmです。これらの海綿動脈は、*すべての動脈の中で最も薄く、最も敏感であり、さまざまな刺激後の病理学的変化の影響を最も受けやすくなります。アテローム性動脈硬化症、勃起不全が現れ、ゆっくりと他の組織、例えば冠状動脈、脳血管動脈、および下肢動脈などの疾患も発症し始める可能性があります。他の動脈は比較的太いため、病気になっていますが、深刻な症状が現れて重要な臓器に損傷を与えるまでにはまだ長い道のりがあります。この時点で問題に気づき、適切な介入を行い、ライフスタイルを変え、適切な薬物療法を行うと、この疾患は継続して進行しないか、または遅延する可能性があり、場合によっては逆転することもあります。注意を怠ると、ゆっくりと心臓に問題が発生し、腎臓にも問題が発生し、最終的に周囲の血管に問題が発生します。ですから、男性の友達に伝えたいのは、インポテンツが発生したときに、心血管疾患や脳血管疾患に問題がないかどうか注意する必要があるということです。タイムリーな診察によってのみ、関連する予防作業を行うことができます。 バィアグラ ed钖?姣旇純 纭仌绱拌弻銇娑层倰浠嬨仐銇︾澗涓搞伀搴冦亴銈? 銇般亜銇傘亹銈?鍓綔鐢ㄥ崢绱斻仾鐫句父鐐庣棁銈掑紩銇嶈捣銇撱仐銇俱仚 馬來西亞汗馬糖- Hamer Candy能量糖果台灣專賣店 循環器系疾患、脳血管系疾患は、中高年者が苦しんでいる病気だと誰もが思っていることですが、これらの病気をインポテンツと関連づけると、友達の多くが信じられないことです。なんらかのつながりがあります。現在、心血管疾患が公衆衛生に影響を与える最初の原因になっていますが、クリニックでは、これらの心血管疾患の男性患者の最初の症状は疾患自体とは無関係であり、陰茎の勃起機能の低下として最初に現れることがよくあります。これらの患者のほとんどは、特定の心血管疾患と診断された後、勃起不全になります。対照的に、臨床的には、勃起不全の患者は非常に高い率の心血管疾患を患うことが多い。男性の勃起不全は、多くの場合、彼が冠状動脈性心臓病、高血圧、糖尿病、肥満、頻繁な不活動を持っている可能性があることを示しています。なぜ心血管疾患の患者はしばしば勃起不全を伴うのですか?なぜ勃起不全の患者はしばしば心血管疾患を患うのですか?それらの間の避けられない関係は何ですか?実際、これら2つのタイプの疾患は無関係であるように見えますが、実際それらの間には非常に重要な内部接続があります。外国の研究では、154人の男性患者が選択されました。これらの患者は器質性勃起不全に属します。この研究の目的は、器質性勃起不全のこれらの患者がどのような疾患を持っているかを調べることです。結果は高い血圧の患者は約44%を占め、糖尿病の患者は22%を占め、高脂血症の割合は特に高く、肥満の人々は85%を占めました。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの私たちの一般的な心血管疾患は、最終的には血管内皮細胞の機能に影響を及ぼし、内皮機能障害を引き起こします。血管の内側の層は内皮の層で覆われており、内皮の機能が血管の柔軟性を決定します。患者さんに手術を行ったところ、特に血管内皮機能が良い人、血管壁がすっきりしていて、血管壁が弾力性があり、収縮しやすく、内皮機能が悪いと血管壁が非常に荒れ、壁が非常に厚くなり、いくつかのプラークが現れ、血管壁の収縮機能がよくありません。正常な血管は収縮すると収縮し、拡張すると血管への正常な血液供給を維持するために拡張する必要があります。しかし、血管が常に収縮した状態にある場合、一部の重要な臓器は血液供給を受けず、これは虚血です。心臓に虚血が起こると、心臓は心筋虚血を起こします。重症の場合は、狭心症や心筋梗塞さえ引き起こします。脳血管に虚血が起こると、脳卒中やショックが起こり、腎臓に虚血が起こると、尿が出ます。量が減少し、腎機能が低下し、陰茎に虚血が生じると、EDである勃起不全が起こります。さらに深刻なことに、血管にプラークが形成されると、血管の収縮中にプラークが破裂する可能性があります。大動脈瘤または補助大動脈瘤の形成:動脈瘤の破裂により、突然死することがあります。血液の粘度が高くなると、血管壁に血栓が形成され、血管壁に血栓が付着し、増強後に血管壁がプラーク状になります。そして、血管収縮の過程で血栓が途切れて血液循環に沿って肺に入ると、それは非常に恐ろしい疾患である肺塞栓症を形成し、これは手術で最も恐れられる状況であり、死亡率は非常に高いです。血管の柔軟性の低下は、内皮機能不全の非常に重要な原因です。血管内皮機能障害は、心血管疾患とEDの一般的な原因です。この時点で、これらの2種類の疾患が非常に密接に関連している理由を誰もが理解する必要があります。なぜ男性の勃起不全は心血管疾患よりもずっと早く現れるのですか?実際、それは陰茎の解剖学と生理学に関係があります。陰茎は血管で構成される海綿状組織です。海綿状組織は数え切れないほどの非常に小さな動脈で構成され、最終的に海面洞を形成します。これにより、性的刺激に遭遇したときに陰茎がすぐに充血して直立し、この時点で性交を行うことができます。海綿体の動脈の直径はわずか1〜2 mmです。これらの海綿動脈は、*すべての動脈の中で最も薄く、最も敏感であり、さまざまな刺激後の病理学的変化の影響を最も受けやすくなります。アテローム性動脈硬化症、勃起不全が現れ、ゆっくりと他の組織、例えば冠状動脈、脳血管動脈、および下肢動脈などの疾患も発症し始める可能性があります。他の動脈は比較的太いため、病気になっていますが、深刻な症状が現れて重要な臓器に損傷を与えるまでにはまだ長い道のりがあります。この時点で問題に気づき、適切な介入を行い、ライフスタイルを変え、適切な薬物療法を行うと、この疾患は継続して進行しないか、または遅延する可能性があり、場合によっては逆転することもあります。注意を怠ると、ゆっくりと心臓に問題が発生し、腎臓にも問題が発生し、最終的に周囲の血管に問題が発生します。ですから、男性の友達に伝えたいのは、インポテンツが発生したときに、心血管疾患や脳血管疾患に問題がないかどうか注意する必要があるということです。タイムリーな診察によってのみ、関連する予防作業を行うことができます。 ばいあぐら通販 循環器系疾患、脳血管系疾患は、中高年者が苦しんでいる病気だと誰もが思っていることですが、これらの病気をインポテンツと関連づけると、友達の多くが信じられないことです。なんらかのつながりがあります。現在、心血管疾患が公衆衛生に影響を与える最初の原因になっていますが、クリニックでは、これらの心血管疾患の男性患者の最初の症状は疾患自体とは無関係であり、陰茎の勃起機能の低下として最初に現れることがよくあります。これらの患者のほとんどは、特定の心血管疾患と診断された後、勃起不全になります。対照的に、臨床的には、勃起不全の患者は非常に高い率の心血管疾患を患うことが多い。男性の勃起不全は、多くの場合、彼が冠状動脈性心臓病、高血圧、糖尿病、肥満、頻繁な不活動を持っている可能性があることを示しています。なぜ心血管疾患の患者はしばしば勃起不全を伴うのですか?なぜ勃起不全の患者はしばしば心血管疾患を患うのですか?それらの間の避けられない関係は何ですか?実際、これら2つのタイプの疾患は無関係であるように見えますが、実際それらの間には非常に重要な内部接続があります。外国の研究では、154人の男性患者が選択されました。これらの患者は器質性勃起不全に属します。この研究の目的は、器質性勃起不全のこれらの患者がどのような疾患を持っているかを調べることです。結果は高い血圧の患者は約44%を占め、糖尿病の患者は22%を占め、高脂血症の割合は特に高く、肥満の人々は85%を占めました。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの私たちの一般的な心血管疾患は、最終的には血管内皮細胞の機能に影響を及ぼし、内皮機能障害を引き起こします。血管の内側の層は内皮の層で覆われており、内皮の機能が血管の柔軟性を決定します。患者さんに手術を行ったところ、特に血管内皮機能が良い人、血管壁がすっきりしていて、血管壁が弾力性があり、収縮しやすく、内皮機能が悪いと血管壁が非常に荒れ、壁が非常に厚くなり、いくつかのプラークが現れ、血管壁の収縮機能がよくありません。正常な血管は収縮すると収縮し、拡張すると血管への正常な血液供給を維持するために拡張する必要があります。しかし、血管が常に収縮した状態にある場合、一部の重要な臓器は血液供給を受けず、これは虚血です。心臓に虚血が起こると、心臓は心筋虚血を起こします。重症の場合は、狭心症や心筋梗塞さえ引き起こします。脳血管に虚血が起こると、脳卒中やショックが起こり、腎臓に虚血が起こると、尿が出ます。量が減少し、腎機能が低下し、陰茎に虚血が生じると、EDである勃起不全が起こります。さらに深刻なことに、血管にプラークが形成されると、血管の収縮中にプラークが破裂する可能性があります。大動脈瘤または補助大動脈瘤の形成:動脈瘤の破裂により、突然死することがあります。血液の粘度が高くなると、血管壁に血栓が形成され、血管壁に血栓が付着し、増強後に血管壁がプラーク状になります。そして、血管収縮の過程で血栓が途切れて血液循環に沿って肺に入ると、それは非常に恐ろしい疾患である肺塞栓症を形成し、これは手術で最も恐れられる状況であり、死亡率は非常に高いです。血管の柔軟性の低下は、内皮機能不全の非常に重要な原因です。血管内皮機能障害は、心血管疾患とEDの一般的な原因です。この時点で、これらの2種類の疾患が非常に密接に関連している理由を誰もが理解する必要があります。なぜ男性の勃起不全は心血管疾患よりもずっと早く現れるのですか?実際、それは陰茎の解剖学と生理学に関係があります。陰茎は血管で構成される海綿状組織です。海綿状組織は数え切れないほどの非常に小さな動脈で構成され、最終的に海面洞を形成します。これにより、性的刺激に遭遇したときに陰茎がすぐに充血して直立し、この時点で性交を行うことができます。海綿体の動脈の直径はわずか1〜2 mmです。これらの海綿動脈は、*すべての動脈の中で最も薄く、最も敏感であり、さまざまな刺激後の病理学的変化の影響を最も受けやすくなります。アテローム性動脈硬化症、勃起不全が現れ、ゆっくりと他の組織、例えば冠状動脈、脳血管動脈、および下肢動脈などの疾患も発症し始める可能性があります。他の動脈は比較的太いため、病気になっていますが、深刻な症状が現れて重要な臓器に損傷を与えるまでにはまだ長い道のりがあります。この時点で問題に気づき、適切な介入を行い、ライフスタイルを変え、適切な薬物療法を行うと、この疾患は継続して進行しないか、または遅延する可能性があり、場合によっては逆転することもあります。注意を怠ると、ゆっくりと心臓に問題が発生し、腎臓にも問題が発生し、最終的に周囲の血管に問題が発生します。ですから、男性の友達に伝えたいのは、インポテンツが発生したときに、心血管疾患や脳血管疾患に問題がないかどうか注意する必要があるということです。タイムリーな診察によってのみ、関連する予防作業を行うことができます。 ed治らない シアリス 効き目 性生活を大幅に延長し、インポテンツの問題を効果的に解決できます。シアリス 効き目 れびとら販売再開 栄光を取り戻しましょう。 代金引換、秘密の包装 循環器系疾患、脳血管系疾患は、中高年者が苦しんでいる病気だと誰もが思っていることですが、これらの病気をインポテンツと関連づけると、友達の多くが信じられないことです。なんらかのつながりがあります。現在、心血管疾患が公衆衛生に影響を与える最初の原因になっていますが、クリニックでは、これらの心血管疾患の男性患者の最初の症状は疾患自体とは無関係であり、陰茎の勃起機能の低下として最初に現れることがよくあります。これらの患者のほとんどは、特定の心血管疾患と診断された後、勃起不全になります。対照的に、臨床的には、勃起不全の患者は非常に高い率の心血管疾患を患うことが多い。男性の勃起不全は、多くの場合、彼が冠状動脈性心臓病、高血圧、糖尿病、肥満、頻繁な不活動を持っている可能性があることを示しています。なぜ心血管疾患の患者はしばしば勃起不全を伴うのですか?なぜ勃起不全の患者はしばしば心血管疾患を患うのですか?それらの間の避けられない関係は何ですか?実際、これら2つのタイプの疾患は無関係であるように見えますが、実際それらの間には非常に重要な内部接続があります。外国の研究では、154人の男性患者が選択されました。これらの患者は器質性勃起不全に属します。この研究の目的は、器質性勃起不全のこれらの患者がどのような疾患を持っているかを調べることです。結果は高い血圧の患者は約44%を占め、糖尿病の患者は22%を占め、高脂血症の割合は特に高く、肥満の人々は85%を占めました。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの私たちの一般的な心血管疾患は、最終的には血管内皮細胞の機能に影響を及ぼし、内皮機能障害を引き起こします。血管の内側の層は内皮の層で覆われており、内皮の機能が血管の柔軟性を決定します。患者さんに手術を行ったところ、特に血管内皮機能が良い人、血管壁がすっきりしていて、血管壁が弾力性があり、収縮しやすく、内皮機能が悪いと血管壁が非常に荒れ、壁が非常に厚くなり、いくつかのプラークが現れ、血管壁の収縮機能がよくありません。正常な血管は収縮すると収縮し、拡張すると血管への正常な血液供給を維持するために拡張する必要があります。しかし、血管が常に収縮した状態にある場合、一部の重要な臓器は血液供給を受けず、これは虚血です。心臓に虚血が起こると、心臓は心筋虚血を起こします。重症の場合は、狭心症や心筋梗塞さえ引き起こします。脳血管に虚血が起こると、脳卒中やショックが起こり、腎臓に虚血が起こると、尿が出ます。量が減少し、腎機能が低下し、陰茎に虚血が生じると、EDである勃起不全が起こります。さらに深刻なことに、血管にプラークが形成されると、血管の収縮中にプラークが破裂する可能性があります。大動脈瘤または補助大動脈瘤の形成:動脈瘤の破裂により、突然死することがあります。血液の粘度が高くなると、血管壁に血栓が形成され、血管壁に血栓が付着し、増強後に血管壁がプラーク状になります。そして、血管収縮の過程で血栓が途切れて血液循環に沿って肺に入ると、それは非常に恐ろしい疾患である肺塞栓症を形成し、これは手術で最も恐れられる状況であり、死亡率は非常に高いです。血管の柔軟性の低下は、内皮機能不全の非常に重要な原因です。血管内皮機能障害は、心血管疾患とEDの一般的な原因です。この時点で、これらの2種類の疾患が非常に密接に関連している理由を誰もが理解する必要があります。なぜ男性の勃起不全は心血管疾患よりもずっと早く現れるのですか?実際、それは陰茎の解剖学と生理学に関係があります。陰茎は血管で構成される海綿状組織です。海綿状組織は数え切れないほどの非常に小さな動脈で構成され、最終的に海面洞を形成します。これにより、性的刺激に遭遇したときに陰茎がすぐに充血して直立し、この時点で性交を行うことができます。海綿体の動脈の直径はわずか1〜2 mmです。これらの海綿動脈は、*すべての動脈の中で最も薄く、最も敏感であり、さまざまな刺激後の病理学的変化の影響を最も受けやすくなります。アテローム性動脈硬化症、勃起不全が現れ、ゆっくりと他の組織、例えば冠状動脈、脳血管動脈、および下肢動脈などの疾患も発症し始める可能性があります。他の動脈は比較的太いため、病気になっていますが、深刻な症状が現れて重要な臓器に損傷を与えるまでにはまだ長い道のりがあります。この時点で問題に気づき、適切な介入を行い、ライフスタイルを変え、適切な薬物療法を行うと、この疾患は継続して進行しないか、または遅延する可能性があり、場合によっては逆転することもあります。注意を怠ると、ゆっくりと心臓に問題が発生し、腎臓にも問題が発生し、最終的に周囲の血管に問題が発生します。ですから、男性の友達に伝えたいのは、インポテンツが発生したときに、心血管疾患や脳血管疾患に問題がないかどうか注意する必要があるということです。タイムリーな診察によってのみ、関連する予防作業を行うことができます。.

循環器系疾患、脳血管系疾患は、中高年者が苦しんでいる病気だと誰もが思っていることですが、これらの病気をインポテンツと関連づけると、友達の多くが信じられないことです。なんらかのつながりがあります。現在、心血管疾患が公衆衛生に影響を与える最初の原因になっていますが、クリニックでは、これらの心血管疾患の男性患者の最初の症状は疾患自体とは無関係であり、陰茎の勃起機能の低下として最初に現れることがよくあります。これらの患者のほとんどは、特定の心血管疾患と診断された後、勃起不全になります。対照的に、臨床的には、勃起不全の患者は非常に高い率の心血管疾患を患うことが多い。男性の勃起不全は、多くの場合、彼が冠状動脈性心臓病、高血圧、糖尿病、肥満、頻繁な不活動を持っている可能性があることを示しています。なぜ心血管疾患の患者はしばしば勃起不全を伴うのですか?なぜ勃起不全の患者はしばしば心血管疾患を患うのですか?それらの間の避けられない関係は何ですか?実際、これら2つのタイプの疾患は無関係であるように見えますが、実際それらの間には非常に重要な内部接続があります。外国の研究では、154人の男性患者が選択されました。これらの患者は器質性勃起不全に属します。この研究の目的は、器質性勃起不全のこれらの患者がどのような疾患を持っているかを調べることです。結果は高い血圧の患者は約44%を占め、糖尿病の患者は22%を占め、高脂血症の割合は特に高く、肥満の人々は85%を占めました。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの私たちの一般的な心血管疾患は、最終的には血管内皮細胞の機能に影響を及ぼし、内皮機能障害を引き起こします。血管の内側の層は内皮の層で覆われており、内皮の機能が血管の柔軟性を決定します。患者さんに手術を行ったところ、特に血管内皮機能が良い人、血管壁がすっきりしていて、血管壁が弾力性があり、収縮しやすく、内皮機能が悪いと血管壁が非常に荒れ、壁が非常に厚くなり、いくつかのプラークが現れ、血管壁の収縮機能がよくありません。正常な血管は収縮すると収縮し、拡張すると血管への正常な血液供給を維持するために拡張する必要があります。しかし、血管が常に収縮した状態にある場合、一部の重要な臓器は血液供給を受けず、これは虚血です。心臓に虚血が起こると、心臓は心筋虚血を起こします。重症の場合は、狭心症や心筋梗塞さえ引き起こします。脳血管に虚血が起こると、脳卒中やショックが起こり、腎臓に虚血が起こると、尿が出ます。量が減少し、腎機能が低下し、陰茎に虚血が生じると、EDである勃起不全が起こります。さらに深刻なことに、血管にプラークが形成されると、血管の収縮中にプラークが破裂する可能性があります。大動脈瘤または補助大動脈瘤の形成:動脈瘤の破裂により、突然死することがあります。血液の粘度が高くなると、血管壁に血栓が形成され、血管壁に血栓が付着し、増強後に血管壁がプラーク状になります。そして、血管収縮の過程で血栓が途切れて血液循環に沿って肺に入ると、それは非常に恐ろしい疾患である肺塞栓症を形成し、これは手術で最も恐れられる状況であり、死亡率は非常に高いです。血管の柔軟性の低下は、内皮機能不全の非常に重要な原因です。血管内皮機能障害は、心血管疾患とEDの一般的な原因です。この時点で、これらの2種類の疾患が非常に密接に関連している理由を誰もが理解する必要があります。なぜ男性の勃起不全は心血管疾患よりもずっと早く現れるのですか?実際、それは陰茎の解剖学と生理学に関係があります。陰茎は血管で構成される海綿状組織です。海綿状組織は数え切れないほどの非常に小さな動脈で構成され、最終的に海面洞を形成します。これにより、性的刺激に遭遇したときに陰茎がすぐに充血して直立し、この時点で性交を行うことができます。海綿体の動脈の直径はわずか1〜2 mmです。これらの海綿動脈は、*すべての動脈の中で最も薄く、最も敏感であり、さまざまな刺激後の病理学的変化の影響を最も受けやすくなります。アテローム性動脈硬化症、勃起不全が現れ、ゆっくりと他の組織、例えば冠状動脈、脳血管動脈、および下肢動脈などの疾患も発症し始める可能性があります。他の動脈は比較的太いため、病気になっていますが、深刻な症状が現れて重要な臓器に損傷を与えるまでにはまだ長い道のりがあります。この時点で問題に気づき、適切な介入を行い、ライフスタイルを変え、適切な薬物療法を行うと、この疾患は継続して進行しないか、または遅延する可能性があり、場合によっては逆転することもあります。注意を怠ると、ゆっくりと心臓に問題が発生し、腎臓にも問題が発生し、最終的に周囲の血管に問題が発生します。ですから、男性の友達に伝えたいのは、インポテンツが発生したときに、心血管疾患や脳血管疾患に問題がないかどうか注意する必要があるということです。タイムリーな診察によってのみ、関連する予防作業を行うことができます。れびとら 口コミ